これまでに退院された
多くの笑顔が
私たちの誇りです。

  氏名 日付 内容 学会名、掲載誌他 タイトル
OT 笹沼里味 2010.6. 口述発表 第44日本作業療法学会 ワゴン椅子の使用により,食事の準備と後片付けが可能となった慢性閉塞性肺疾患患者について
2010.9. 口述発表 第20回日本呼吸ケア・
リハビリテーション学会
シャワーで髪を濡らす動作中の呼吸様式の特徴について
2010.1. 執筆
(分担)
極める!!
最新呼吸リハビリテーション:今すぐできる
栄養リハビリテーションとADL/IADLトレーニング
在宅・福祉用具
2011.6. 口述発表 第45日本作業療法学会 洗髪動作中の呼吸様式の変化について -体幹屈曲位と伸展位の比較-
2011.11. 講演 日本作業療法士協会現職者研修会 急性期の作業療法
2014.6. ポスター
発表
第16回世界作業療法士連盟大会・第48回日本作業療法学会 Effect of flowing water on breathing patterns during shampooing.
高木真人 2014年
刊行
執筆
(分担)
作業に焦点を当てた事例報告の書き方 急性期から課題指向型訓練により病棟生活において麻痺手の使用を促した症例
竹内健太 2013.9. 口述発表 日本プライマリ・ケア連合学会第27回近畿地方会 伊丹・宝塚・尼崎周辺地域における脳卒中後上肢麻痺に対する支援の紹介
2015.
12.11
口述発表 第39回日本高次脳機能障害学会学術総会 脳卒中右半球損傷患者に対する机上での神経心理学的検査とCatherine Bergego Scaleによる行動評価との比較
2016.1. 論文 作業療法ジャーナル 机上での神経心理学的検査とCatherine Bergego scaleによる行動評価で半側空間無視の乖離がみられた右半球損傷患者の検討.OTジャーナル 2016; 50(1): 97 - 101.
水野朋美 2016.
3.18
口述発表 第3回日本臨床作業療法学会 学術大会 家族参加型上肢集中訓練によりニードが麻痺手で可能となった症例
原田奈菜子 2015.
11.22
口述発表 第35回近畿作業療法学会 A型ボツリヌス毒素製材投与後複合的訓練を組み合わせて麻痺手による食事動作の獲得に至った一症例
2016.5 論文 作業療法ジャーナル 複合的訓練を施行し,麻痺手による食事動作を獲得した一症例
山本勝仁 2015.
11.22
口述発表 第35回近畿作業療法学会 脳卒中亜急性期上肢麻痺に対する家族仲介型リハにより上肢機能の改善を認めた一例
PT 久保宏紀 2011.7. 口述発表 第24回兵庫県理学療法学会 座位リーチ練習を実施することで動作介助量が軽減した右片麻痺の一例
2013.
7.14.
口述発表 第25回兵庫県理学療法学術集会 当院における急性期脳内出血患者の早期リハビリテーション
2014.3 口述発表 第39回日本脳卒中学会総会 脳内出血患者における急性期リハビリテーションの効果~リハ介入群と非介入群の検討~
2015.6.7 口述発表 第50回日本理学療法学術大会 動脈硬化の進行した高齢者の 身体的特徴に関する研究
2015.
9.18
口述発表 第70回日本体力医学会大会 地域在住高齢者における身体活動量が動脈硬化指数に及ぼす影響
2015.
11.22
口述発表 第55回近畿理学療法学術大会 脳内出血患者における急性期病院 退院時の機能予後とその要因
金居督之 2011.10. 口述発表 第29回日本私立医科大学
理学療法学会
立位体幹前傾姿勢での上肢支持の影響がchest wallの形状及び体積に与える影響
2012.5. 口述発表 第47回日本理学療法学術
大会
体幹前傾位で上肢を支持させた姿勢はchest wall形状や体積を変化させる
2012.6. 論文 臨床理学療法研究 体幹前傾立位における上肢支持の有無が胸腹部の形状及び体積に与える影響
2013.9. 口述発表 日本プライマリ・ケア連合学会第27回近畿地方会 人工呼吸器からの離脱が困難であった脳幹梗塞の一症例
2014.3. 口述発表 第39回日本脳卒中学会総 会 当院におけるくも膜下出血患者の早期離床の早期離床の現状 -脳血管攣縮期の離床について-
2014.5. 口述発表 第49回日本理学療法学術大会 急性期脳卒中患者における自律神経系活動とバイタルサインの関連
2014.
12.7
口述発表 第11回日本神経理学療法学術集会 急性期非心原性脳梗塞患者における安静時・離床時の自律神経系活動は病型により異なる
2015.
3.28
口述発表 第40回日本脳卒中学会総会 軽症くも膜下出血患者の離床時期は術式により異なる
2015.
6.5
口述発表 第50回日本理学療法学術大会 早期離床がくも膜下出血患者の機能予後に与える影響―単施設ケースコントロール研究―
2015.7 Letter to the Editor International Journal of Cardiology Difference in autonomic nervous activity in different subtypes of noncardioembolic ischemic stroke
2015.
10.18
口述発表 第33回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会 急性期脳出血患者における初回離床時の自律神経系活動評価―重症度との関連―
2016.2 論文 理学療法科学 急性期非心原性脳梗塞患者における離床時の自律神経系活動評価の意義―脳梗塞の病型による比較―
北村友花 2014.
12.7
口述発表 第11回日本神経理学療法学術集会 軽症脳梗塞患者における急性期病院入院中の身体活動量
2015.
6.7
口述発表 第12回日本理学療法学術大会 軽症脳梗塞患者における急性期病院入院中の身体活動量
2016 論文 理学療法学 軽症脳梗塞患者における急性期病院入院中の身体活動量と身体機能との関係
小林実希 2015.
10.18
口述発表 第33回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会 頚動脈ステント留置術前後の離床に伴う自律神経系活動とバイタルサインの検討
古市あさみ 2015.
7.5
ポスター発表 第28回兵庫県理学療法学術大会 早期人工呼吸器離脱に成功した脳内出血患者に対する理学療法経験
2015.
11.29
口述発表 第12回日本神経理学療法学会学術集会 rt-PA静注療法後の急性期脳梗塞患者 における早期離床の安全性について
山本実穂 2015.
10.18
口述発表 第33回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会 機械的血栓回収療法を行った急性期脳梗塞患者に対する身体活動量に着目した理学療法経験
2015.
11.29
口述発表 第12回日本神経理学療法学会学術集会 一般病棟における急性期脳梗塞患者の離床時間及びリハビリテーション実施中の活動状況について