リハビリ・回復期医療について Rehabilitation,
for the recovery life care

患者様のご負担軽減と
早期回復を目指し、
回復期リハビリテーション病棟を
開設しました。

 回復期リハビリテーション病棟とは、脳卒中などの患者様に対して日常生活活動(ADL)能力の向上を目指して社会復帰を目的とした集中的なリハビリテーションを受けることができる病棟です。医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが力を合わせ、患者様お一人ひとりに合ったプログラムを作成し、これに基づいて実生活での自立を目指したリハビリテーションを行います。

 

回復期医療について

理学療法
理学療法

 発症後、早期より理学療法を開始します。脳神経外科領域のみならず循環や呼吸のリスク管理も十分に行い早期の離床を行っています。医師の指示のもと、早期より装具を用いて立つ練習や歩く練習を行っています。足の機能改善を図りつつ、病棟での基本動作の獲得や他職種と協力し生活環境の設定を行い、ベッド周りの動作を早期より安全に行っていただけるよう取り組んでいます。

 
作業療法
作業療法

 重症患者様に対しては、理学療法士・言語聴覚士と協同して早期離床・運動量の維持を図ります。可能となった段階で速やかに入院生活でのADL(日常生活活動)の練習を開始し、日常生活の自立度の向上を図ります。早期から手の機能回復に積極的に介入します。具体的には、「腕や指が動いた」というだけではなく、実際に生活で必要な動作ができるようになることを目指す課題指向型訓練やCI療法に基づいた練習を行います。

 
言語聴覚療法
言語聴覚療法

 発症直後より,摂食嚥下機能,構音機能,高次脳機能の評価を行い、誤嚥性肺炎予防、栄養手段確保、意思疎通手段の確保のための介入を開始します。構音機能、言語機能などへの要素的な介入にとどまらず、コミュニケーション活動全般の活性化、QOL向上のための援助を目指しています。失語その他の高次脳機能障害の方々の,復職や社会的役割の再獲得に向けた外来リハビリテーション、地域で生活されている嚥下障害の方の外来嚥下評価を行っています。

 

入院のご案内

 現在他院で入院中の病院から当院の回復期リハビリテーション病棟への転院をご希望される場合は、事前に電話を頂くか、現在入院中の病院の医療ソーシャルワーカーにご相談下さい。当院の急性期病棟に入院中の場合は、病院内で継続リハビリの必要性について検討を行い、主治医からの説明の後、医療ソーシャルワーカーが患者様とご家族に面談して転棟日を決めます。

入院のご案内